トップ  >  COMADEM2010 開催報告

1.はじめに

今回、診断およびマネジメントに関する国際会議(第23回状態監視と診断工学国際会議)をアジア地区で初めて開催することができた。以下その概要を報告する。
会議名称:23rd International Congress on Condition Monitoring and Diagnostic Engineering Management
開催日 :2010628日から72
開催場所:奈良県新公会堂(奈良市) 

本会議は、主にヨーロッパおよび北米を中心に1988年から開催されてきた診断関係では歴史のある国際会議である。従来、ヨーロッパではBINDT(British Institute of Non-Destructive Testing)、北米にはMFPT SocietySociety for Machinery Failure Prevention Technology等があり、診断やマネジメントに関する研究ならびに交流を後押ししてきたが、日本においてはそのような組織が無く、これまで本国際会議のような会議は日本で開催されなかった。
今回日本で開催するに当たっては、主催が日本設備管理学会で、日本保全学会、日本原子力学会JIPM、日本機械学会、日本トライボロジー学会、China Association of Plant Engineeringの共催・協賛を得て開催した。主要な参加国は、日本(全体の約1/350名程度)、中国(全体の約1/350名程度)、その他の国(全体の約1/350名程度、参加国:オーストラリア、エジプト、フランス、カナダ、ドイツ、ギリシャ、インド、イラン、イタリア、ポルトガル、ノルウェー、スウェーデン、イギリス、スペイン、タイ、アメリカ、ロシア、台湾、韓国、香港)と、非常に多くの国からの参加が得られた。参加者数は149名であった。
開催の助成金は、学術振興会、日本万国博覧会記念基金ならびに奈良県から受けることができた。スポンサーとして、Gold SponsorDNV:ノルウェー)、Silver SponsorJIPMNIRion)の支援を受けた。企業展示は、上記スポンサーに加え、JFEアドバンテック、富士セラミックス、ネオリウムテクノロジー、Prisma(ギリシャ)に行っていただいた。

2.国際会議の概要
本国際会議のおよそのスケジュールは以下の通りである。

628() Welcome party
  29() Keynote Speech, Technical Sessions
  30() Keynote Speech, Technical Sessions, Dinner
7 1() Keynote Speech, Technical Sessions
7 2() Technical tours

29日のオープニングは、COMADEM InternationalChairmanであるRao教授によるあいさつ、日本設備管理学会松山会長のあいさつで開始した。 

Keynote speech
下記の通り、米国、日本、中国で中心的な活躍をされている3名の方にご講演いただいた。

29 Chair: J. Chen (Shanghai Jiaotong University)

Design of Self Maintenance and Engineering Immune Systems for Smarter Machines and Manufacturing Systems

J. Lee (Univ. of Cincinnati)

30 Chair: M. Uesaka (the University of Tokyo)

Analysis of Damage Behavior of Rolling Bearing with New Measurement Technique by New Signal Processing

K. Miya (Japan Society of Maintenology)

なお、宮会長は当日体調不良のために急遽Stephane Perrin氏にご講演いただいた。

1 Chair: Z. He (Xi’an Jiaotong University)

Structure Adaptation Based Bionic Fault Self-Recovery System of Machine

J. Gao (Beijing University of Chemical Technology)

 

 

Workshop
本会議では、6つのWorkshopを企画した。

WS01: Workshop on Safety Integrated Systems and Applications for Condition Monitoring and Diagnosis
Organisers:
Prof. Dr.-Ing. habil. Josef Börcsök (University of Kassel, Germany)
Dr. Michael H. Schwarz (University of Kassel, Germany)

WS02: Workshop on Continual Improvement through Asset Condition Monitoring
Organisers:
Prof. Gopi Chattopadhyay (CQUniversity, Australia)
Dr. Aditya Parida (Luleå University of Technology, Sweden)

WS03: Workshop on Artificial Intelligence in Designing Modern Decision Support Systems
Organisers:
Prof. Peter Funk (Malardalen University, Sweden)
Prof. Raj B.K.N. Rao (COMADEM International, UK)

 

WS04: Workshop on Ocean Engineering Equipments for Condition Monitoring and Diagnosis
Organiser:
Prof. Shiming Wang (Shanghai Ocean University, China)

WS05: Workshop on Condition Based Maintenance Technology for Nuclear Plants
Organisers:
Prof. Mitsuru Uesaka (the University of Tokyo, Japan)
Prof. Hiroshi Miyano (Hosei University, Japan)

WS06: Workshop on Research and Application on Monitoring and Diagnosis Technique for Manufacturing Equipments
Organisers:
Dr. Hu Bangxi (Wuhan Iron & Steel Stock Co. Ltd., China)
Prof. Gao Lixin (Beijing University of Technology, China)
Prof. Wang Huaqing (Beijing University of Chemical Technology, China)

なお、残念ながらWS01はオーガナイザーの都合により取りやめとなった。

 

Technical  sessions

一般講演では8つのセッションに分かれて多数のご講演をいただいた。

Session 1-11-5: Damage Detection and Monitoring Technologies
Session 2-12-3: Modeling, Analysis and Optimization
Session 3-13-5: Diagnosis and Prognosis
Session 4-14-2: Sensor Technologies
Session 5-15-2: Tribology
Session 6-16-3: Advanced Signal Processing and Data Fusion
Session 7-17-2: Maintenance Engineering, Technologies and Integrated Systems
Session 8-18-2: Risk, Safety Assessment and Plant Design 

Dinner
Conference DinnerHotel Nikko Naraで開催した。アトラクションとしては、英語落語(ダイアン吉日)と雅楽・舞楽を行い、みなさんに日本の文化を楽しんでいただいた。 

Technical tours
72日には下記のように2つの工場見学を企画した。
Tour A
()森精機製作所と新日本製鐵()の見学で参加者は35名であった。
Tour B
()森精機製作所と住友金属工業()で参加者は17名であった。


3.おわりに

本国際会議は、日本で初めて実施された診断・メンテナンスに関する国際会議である。従来、ヨーロッパや米国で実績のある国際会議が日本で開催されることは少なかったが、伝統のある本会議を日本で開催できたことはこの上ない喜びである。日本国内も多くの学会(特に日本保全学会)からご参加いただき、今後、診断・メンテナンスに関する国内連携も加速するものと考えられる。対外的にも特に中国との連携強化が図れた。今回の会議をスタートとして今後、日本国内での連携強化を図りつつ、日本と中国がコアとなって特にアジア地区での診断・マネジメントの情報交換や連携を強めていく足がかりになった。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:57 平均点:7.19
前
COMADEM2010 Call for Paper
カテゴリートップ
TOP