トップ  >  第19回評価・診断に関するシンポジウム プログラム

19回評価・診断に関するシンポジウム プログラム

 

開催日2021122()から123() 

会 場WEB

※パネルディスカッションはzoomのブレイクアウトルーム機能を用いて行います。各セッションの講演が終わりましたら、該当のブレイクアウトルームにおいてディスカッションを行っていただきます。各講演のパネル資料については別途案内します。

 

122()

08:30-09:00 受付(座長、講演者打合せ)

09:00-09:15 Opening

 

第1セッション モデリング・同定1 座長:太田博光

09:15-09:30 100 西林大輔(大阪市立大学)、デジタルツインに基づいた機械の診断/制御手法の検討

09:30-09:45 101 松本忠大(九州大学)、時間-周波数平面に着目した超音波干渉エコーのパラメータ同定

09:45-10:00 102 長谷川新一(東京工業高等専門学校)、埋設環境下における円筒殻の変位復元力特性の解析と等価粘弾性モデルの提案

10:00-10:15 103 田尻明子(村田機械)1Dモデリング実践のための実測とモデル化の実例:モデリング技術とその評価検証

10:15-10:30 104 古茂田圭志(山口大学)、往復動式圧縮機連結部摩耗時の衝撃的振動波形を表現できる間隙モデルに関する研究

10:30-11:00 パネルディスカッション(100-104) ブレイクアウトルーム(ルーム1から5

 

第2セッション 回転機械の診断技術(機械学習) 座長:椎木友朗

11:00-11:15 105 陳山鵬 (三重大学)、ディープラーニングによる振動信号と電流信号の回転機械診断精度の比較・評価

11:15-11:30 106 前田凌河(三重大学)、統計情報フィルタおよびディープラーニングによる軸受の知的状態診断法

11:30-11:45 107 長野達朗(プラスインテリジェンス株式会社)、マルチモーダル・ディープラーニングによる一般回転機器の診断自動化とクラウドオンライン学習システムの構築

11:45-12:00 108 涂怡麟 (名古屋大学)、すべり軸受の状態監視とSVMによる診断

12:00-12:30 パネルディスカッション(105-108)

 

12:30-13:30 昼食

 

13:30-14:30 

特別講演 座長:川合忠雄

「生産性向上を目指した総合診断への動き」

講演者 渡部幸夫

 

14:30-14:45 休憩

 

第3セッション 音響・振動 座長:陳山鵬

14:45-15:00 109 八木大介(日立製製作所)、マイクおよび加速度センサによるピーリング加工中のびびり振動異常検知技術

15:00-15:15 110 加藤由幹(広島商船高等専門学校)、サブナイキストサンプリングと圧縮センシングを用いたプロペラの故障診断

15:15-15:30 111 小林達大(山口大学)、往復動式圧縮機のクランク軸一回転の実験データに基づく衝撃変動の再現に関する研究

15:30-15:45 112 田中昂 (滋賀県立大学)"非線形圧電インピーダンス変調法による接触型損傷の検出

(構造物の固有振動数変動に起因するアドミタンス変動)"

15:45-16:15 パネルディスカッション(109-112)

 

4セッション 音響・振動 座長:増田新

16:15-16:30 113 渡辺那緒子 (東京工業高等専門学校)、接続管を介して白色雑音励振される円筒殻の面内曲げ変形振動の解析

16:30-16:45 114 窪田修也(東京工業高等専門学校)、新型振動杭の地盤連成縦振動モードを用いた地盤内部状態推定器の開発

16:45-17:00 115 小川拓弥(東京工業高等専門学校)、動的家屋内危険度マップの生成を目指した家具のロッキング振動モジュールの開発

17:00-17:15 116 福島義弘(東京工業高等専門学校)、埋設環境下における円筒殻の面内曲げ変形モードの自由振動の瞬時周波数解析

17:15-17:45 パネルディスカッション(113-116)

 

123()

09:00-09:30 受付(座長、講演者打合せ)

 

5セッション 回転機械の診断技術 座長:藤井彰

09:30-09:45 201 柴田克彦(高砂熱学工業)、機械学習を用いた機械室内発生音の異常検知

09:45-10:00 202 高田寛大(水産大院生)、低速回転転がり軸受の高精度音響診断法

10:00-10:15 203 井上祐人(名古屋大学)、転がり軸受の故障促進制御

10:15-10:30 204 井上淳司(新川センサテクノロジ)、無線センサを用いた状態監視システムによる振動解析・診断の有効性

10:30-11:00 パネルディスカッション(201-204)

 

6セッション 診断技術 座長:本田知己

11:00-11:15 205 森圭史 (トクヤマ)、ベルトコンベアの異常検知システムの検証(その1)

11:15-11:30 206 堀江健斗(富山県立大学)、油圧プレス機用故障診断システムに関する研究

11:30-11:45 207 Arif Abdullah Rashid(佐賀大学)Evaluation of acoustic emission wave propagation for diagnosis in homogeneous material

11:45-12:00 208 柏瀬翔一(東芝エネルギーシステムズ)、電動機のモデルベース診断手法の開発

12:00-12:30 パネルディスカッション(205-208)

 

12:30-13:30 昼 食

 

7セッション 潤滑・摩耗 座長:若林利明

13:30-13:45 209 南和志(福井大学)、分解性作動油の劣化とトライボロジー特性

13:45-14:00 210 竹田雄祐(崇城大学)、直流電源を用いた電気的接触抵抗法による油膜厚さと油膜形成状態の評価手法(仮題)

14:00-14:15 211 若林利明(香川大学)、グリース潤滑軸受の異常診断に対する超音波エコー法の適用―転がり挙動の周期性の検出手法―

14:15-14:30 212 安部田泰(トライボテックス)、潤滑油診断技術の発電設備への適用

14:30-15:00 パネルディスカッション(209-212)

 

8セッション 検査技術・設備管理 座長:森圭史

15:00-15:15 213 八木貴大(トクヤマ)、ドライヤーサポートローラー運転中検査手法の検討

15:15-15:30 214 黒川弘海(三菱電機)、エレベーターロープの劣化推定技術

15:30-15:45 215 村上大(日本製鉄)、設備診断技術と管理値

15:45-16:00 216 岩間惇(日本製鉄)、設備の保全計画と診断技術活用

16:00-16:30  パネルディスカッション(213-216)

 

16:30-16:45 Closing


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:0 平均点:0.00
前
第19回評価診断に関するシンポジウム 参加募集
カテゴリートップ
TOP
次
第1回 評価・診断に関するシンポジウム No.02-53