トップ  >  第18回評価診断に関するシンポジウム プログラム

第18回評価・診断に関するシンポジウム プログラム

開催日:2019年11月28日(木)から11月29日(金) 

会 場:大阪市立大学 学術情報総合センター(大阪市住吉区杉本3丁目3-138)

日時:11月28日(木)から29日(金)

印刷用プログラム(PDFファイル)はこちら

 

11月28日(木)

9:00-9:20 受付、パネル展示

9:20-9:30 Opening

セッション1 モデリング・同定1 座長:高田洋吾(大阪市立大学)

9:30-9:45 101 石橋達朗(明電舎) 診断のための回転機械の物理モデル化

9:45-10:00 102 西田 雄太 (京都工芸繊維大学)接触面における剛性および減衰の非対称性を考慮した非線形圧電インピーダンス変調現象の解析

10:00-10:15 103 一戸修摩(東京高専)Fokker-Planck方程式の解を用いた最尤推定法による線形1自由度系の同定(非時刻同期データへの拡張)

10:15-10:30 104 高田宗一朗 (東京高専) Fokker-Planck方程式の解を用いた最尤推定法による線形1自由度系の同定(逐次推定式への拡張)

10:30-11:00 パネルディスカッション(101-104)

セッション2 モデリング・同定2 座長:田中昂(滋賀県立大学)

11:00-11:15 105 遠藤啓太 (弘前大学)ガイド波の速度分散曲線の特徴点と線形多孔質モデルによる多孔質丸棒の密度推定

11:15-11:30 106 大塚優菜 (東京高専)巡回セールスマン問題におけるアニーリング法のハミルトニアン分解による未定乗数決定法の提案

11:30-11:45 107 羽橋美夏音(東京高専) AR時系列解析を用いた2次+3次非線形系のばね定数の同定

11:45-12:00 108 宗像 佳克 (サイバネットシステム) 機器の1DCAEによるモデリングおよびデジタルツインへの展開

12:00-12:30 パネルディスカッション(105-108)

12:30-13:30 昼食

13:30-14:30 特別講演 座長:川合忠雄(大阪市立大学)

「たわみ分布、振動分布、き裂幅の 計測による インフラ構造物の劣化評価方法の提案」 

森本吉春  (4Dセンサー株式会社代表取締役会長 CEO,和歌山大学名誉教授)

14:30-14:45 休憩

セッション3 音響・振動 座長:増田新(京都工芸繊維大学)

14:45-15:00 109 伊藤拓海(東京高専) 連成円筒殻に現れる面内曲げ変形振動の線形振動実験と解析

15:00-15:15 110 亀田健太朗 (九州大学) 瞬時位相の時間周波数表現に基づく重畳超音波エコーのパラメータ同定

15:15-15:30 111 田中昂(滋賀県立大学) 加振点間で形成される局所的な定在波の振動特性変化を用いた損傷検出に関する基礎検討

15:30-15:45 112 小林達大 (山口大学) 往復動式圧縮機のクランク角度に依存する固有振動数と運転時周波数特性の関係

15:45-16:15 パネルディスカッション(109-112)

セッション4 診断技術 座長:井上卓見(九州大学)

16:15-16:30 113 田中翔 (東芝インフラシステムズ)振動を用いたボルト締結部の異常診断システムの研究

16:30-16:45 114 Song Xuewei (三重大学) AC motor fault diagnosis based on symmetrized dot pattern images feature extraction using vibrational signal

16:45-17:00 115 岩間 惇 (日本製鉄)保全方式に則した設備診断技術の活用

17:00-17:15 116 佐々木 昇 (神鋼検査サービス) 疲労き裂対策工法のための熱弾性応力測定に基づく非破壊評価法の提案と検証

17:15-17:45 パネルディスカッション(113-116)

18:00-20:00 懇親会(学術情報総合センター1階  野のはなハウス)

 

 11月29日(金)

9:00-9:30 受付、パネル展示

セッション5 潤滑・回転の診断 座長:若林 利明(香川大学)

9:30-9:45 201 柏瀬 翔一 (東芝エネルギーシステムズ) データ分析による回転機器診断技術の開発

9:45-10:00 202 本田知己 (福井大学) エンジン油の電気的特性によるオンライン劣化診断法に関する研究

10:00-10:15 203 Duan Tangshao(三重大学) Adaptive feature extraction for low speed rolling bearing fault diagnosis based on improved Teager energy operator, Stacking auto-encoder and PCA

10:15-10:30 204 小島恭子 (日立製作所) オイルセンサによる風車増速機の潤滑油診断

10:30-11:00 パネルディスカッション(201-204)

セッション6 潤滑・摩耗 座長:間野大樹  (産業技術総合研究所)

11:00-11:15 205 若林 利明(香川大学) 雰囲気制御切削試験機によるグリースの分解と水素発生挙動の評価(第7報)

11:15-11:30 206 関口 佳那 (日本製鉄)鋼構造物防食塗膜の劣化評価とその活用

11:30-11:45 207 村上 大(日本製鉄) 製鉄設備の油圧潤滑機器に関する管理高度化

11:45-12:00 208 磯村優樹 (旭化成エンジニアリング) 超音波音響法による低速軸受診断技術の開発

12:00-12:30 パネルディスカッション(205-208)

12:30-13:30 昼食

セッション7 潤滑・油膜 座長:本田知己 (福井大学) 

13:30-13:45 209 福井良輔 (水産大学校) 滑り軸受に発生する自励振動オイルホワールの振動特性

13:45-14:00 210 Zhang Kun(三重大学) Empirical Frequency Slice Wavelet Transform and Its Applications in Rolling Bearing Fault Diagnosis

14:00-14:15 211 河野裕典 (崇城大学) 電気的接触抵抗測定法(ECR)を用いた軸受損傷のメカニズムに関する傾向監視

14:15-14:30 212 城戸祥成 (崇城大学)メタロセン触媒を用いたポリαオレフィン合成油における剪断劣化を受けたEHL条件下の油膜の観察

14:30-15:00 パネルディスカッション(209-212)

セッション8 位置特定・ロボット 座長:太田博光(水産大学校)

15:00-15:15 213 ソン ヒョンウ(大阪市立大学) 橋梁点検を支援する移動ロボットの位置特定手段の確立

15:15-15:30 214  中島啓太 (大阪市立大学) 高い積載能力を有し立体複雑路を走行可能な磁石車輪式ロボットの開発

15:30-15:45 215 尾崎健司 (東芝エネルギーシステムズ)360°映像を利用したパトロールシステムの開発

15:45-16:00 216 樋口陸夫(大阪市大院)板波用電磁超音波センサを用いた照明柱の検査

16:00-16:30 パネルディスカッション(213-216)

16:30-16:40 Closing

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:1 平均点:10.00
前
第18回評価診断に関するシンポジウムの参加案内
カテゴリートップ
TOP
次
第1回 評価・診断に関するシンポジウム No.02-53